WELCOME TO WEB SITE OF "株式会社 小野明組" >> 安全大会
   
■平成24年度 労働安全大会
■平成23年度 労働安全大会
■平成22年度 労働安全大会
平成24年度 労働安全大会




 平成24年7月27日午前8時30分より『優しい風(地域交流センター)』にて、【平成24年度 株式会社 小野明組 労働安全大会】を開催しました。

代表取締役社長 三浦 好 挨拶より
 『皆様方のお陰をもちまして、平成23年度も大きな事故もなく、無事故・無災害で終わることが出来ました。
  厚くお礼を申しあげます。
  引き続き無災害に向けて、危機感をもってがんばって頂きたいと思います。
  今回、優良現場表彰を頂いた7現場の代理人、大分県より85点以上という評価を頂き、重ねてお礼を申しあげます。
  また平成23年度は、大分県の評価点の平均が県下トップになりました。これは、社員が一丸となって取り組んでいた  だいたお陰ではないかと思います。  引き続き頑張っていただきたいと思います。
  毎日暑い日が続いていますが、熱中症対策には各現場で十分に注意して作業を行って下さい。
  平成24年度は、地域に奉仕(ボランティア)精神を忘れずに、地域の方々と共に仕事をさせて頂きたいと思います。』


※意見発表
    
    工事部次長   大竹 隆信  (近年の事故事例について)


※優良現場表彰

    平成22年度 交付地防佐第3-2号災害防除工事   現場代理人  荒牧 聖一
    平成22年度 交付国改佐第3-2号道路改良工事   現場代理人  小夜 信義
    平成22年度 交付地橋佐第1-2号橋梁補修工事   現場代理人  清家 健次
    平成23年度 交付国舗佐第1-4号舗装補修工事   現場代理人  清家 健次
    平成23年度 交付国改佐第2-5号道路改良工事   現場代理人  飛田 大
    平成23年度 交付国橋佐第2-2号橋梁補修工事   現場代理人  御手洗 輝正
    平成23年度 交付国改佐第3-5号舗装新設工事   現場代理人  高野 富夫


※平成24年度 安全スローガン表彰

    ◇安全標語
    『 注意する 勇気と 素直に 聞く心 』    工事部主任  渡邉 亮

    ◇安全衛生目標
    『 つくろう 快適職場 まもろう 心と体の健康管理 』    工事部  檜垣 勝吾


※安全講話

    ◇交通安全について      大分県佐伯警察署交通課
                      課長  石川 達郎

  石川 達郎課長による交通安全講話を行っていただきました。
  交通安全の意識の向上に努め、社員一丸となって交通災害を起こさない、合わないように取り組みたいと思います。
平成23年度 労働安全大会




 平成23年6月10日午前8時より本社会議室にて【平成23年度 株式会社 小野明組 労働安全大会】を開催しました。
 開催に先駆け3月11日の東日本大震災で尊い命を亡くされた方々へ黙とうを行いご冥福をお祈りして大会にはいりました。

 弊社代表取締役社長 三浦 好 挨拶より(抜粋)

『皆様方のお陰をもちまして、平成22年度も大きな事故もなく無事故・無災害で終わることができました。厚くお礼を申し上げます。引き続き「0」災害に向けて危機感をもってがんばって頂きたいと思います。
 今回優良現場表彰を頂いた6現場の代理人、大分県より85点以上という評価を頂き重ねてお礼を申し上げます。
今回惜しくも取れなかった方々は来年に向けて頑張って頂きたいと思います。
 またこの1年皆様方のご協力を頂き無事に切り抜け、現場では良い品質にこだわり、小野明組ならではの特色を生かした現場に仕上げて頂きたいと思います。
 また東日本大震災にも触れ、いつかは我が身という言葉がありますが、人ごとではありません。今私達に出来る事を今日からでも被災地に思いを送ろうではありませんか!

 宮沢章二の「行為の意味」の一節に

 心はだれにもみえないけれど  心づかいは見える
 思いは見えないけれど  思いやりは誰でもみえる

人の思いや心は行動を起こさないと分かりにくいという事です。まずは行動を起こして自らの思いや考えを表現してみてはどうでしょうか?
皆が現場で思っている事、地域の皆様にこんな事をしてあげたい、あんな事をしてあげたいと思うだけではなく、思ったら行動に移していく事です。
それが地域密着、地域の連携につながり、またそれが創意工夫につながるのではないでしょうか。
 これからは、一つの現場を皆が力と知恵を出し合い、一丸となって良い評価を頂き明日の小野明組を作るようにご支援をお願いします。
 最後になりますが、これから暑い日が続きますが、自分の体は自分で健康管理していただきたい。
 平成23年も無災害で、小野明組一丸となって頑張って行きたいと思います。』


※意見発表
  工事部係長  飛田 大
  工事部主任  渡邉 亮

※優良現場表彰
    平成22年度 きめ交舗佐第1-5号舗装補修工事     現場代理人 桧垣 勝吾

    平成21年度 交付地改佐第1-2-4号道路改良工事    現場代理人 宮脇 淳二

    平成22年度 道改単債佐第5号道路改良工事      現場代理人 高野 富夫

    平成22年度 交付国改佐第1-3号道路改良工事     現場代理人 飛田 大

    平成21年度 交付地改佐第1-3-2号道路改良工事    現場代理人 高浪 靖

    平成21年度 地特道改佐第5-3号道路改良工事     現場代理人 御手洗 輝正

         
平成23年度 安全スローガン
※安全標語
    『忘れるな!面倒がらずに まず確認』      工事部係長 川井 義則

            
※安全衛生標語
    『危険予知、絶えず続けて 絶える事故』     工事部本部長 宮脇 淳二

            
※安全講話
 佐伯警察署交通課課長 小笠原 章吾 警部による交通安全講話を行っていただきました。
交通安全の意識の向上に努め、交通災害を起こさない遭わないよう全社一丸となって取り組みたいとおもいます。 
平成22年度 労働安全大会




平成22年4月16日午前8時より本社会議室及び本匠地区公民館にて『平成22年度労働安全大会』を開催いたしました。
本年度は新たな試みとして約40名の社員が参加しAEDの取り扱い講習を含む救命講習を受講いたしました。

その中で弊社代表取締役社長 三浦より「近ごろ仕事をしていく上で、安全を最優先するという企業風土が育ってきていると感じている。これもこの大会に参加した社員の皆様のおかげだと改めて感謝している。今日は、現場での事故に備え、おそらく建設業では初めてと思われるAED講習会を行う。これからも社員一丸となって品質管理と安全確保に頑張ってほしい」とあいさつがありました。
その後、工事部主任 川井義則より意見発表。工事部 荒牧聖一より『新入社員から見た安全』と題した講話を行いました。
本社会議室での表彰等の後、会場を本匠地区公民館に移し、市消防本部の救急救命士がAEDの取り扱い講習を含む普通救命講習を行いました。また午後からは本社に隣接した本匠中学校体育館回りの草刈りなどの清掃奉仕を行いました。

■優良現場表彰
 ・平成20年度交安ー国第1-2号交通安全工事(工事部 大竹隆信)

■安全標語入賞者
 ・安全スローガン「安全は人にたよるな!まかせるな!点検・確認『自分から』」(工事部 飛田大)
株式会社小野明組
大分県佐伯市本匠
大字笠掛1579 番地1
●TEL0972-56-5000
●FAX0972-56-5778

■許可番号
  特定建設業 大分県知事許可
  (特-24)第11937号
■許可業種
土木工事業、とび、土工工事業、石工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、造園工事業、水道施設工事業


■お問合せ
■サイトマップ
携帯サイトQRコード
せせらぎ
みどりの郷こんね
鶴望園
ファームテック株式会社
みどりの郷ほんじょう
 
Copyright (C) 2009 - 2017 "株式会社 小野明組" All Rights Reserved. Powered by GT-SYSTEM